「マヌルネコ」ずんぐり赤ちゃんが人気

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
183 views
Posted:6月17日

6月16日 18時31分 埼玉県東松山市の動物園で、ずんぐりとした愛らしい体型が特徴の「マヌルネコ」というヤマネコの赤ちゃんが生まれ、来園者の人気を集めています。 マヌルネコは中央アジアなどに生息する夜行性のヤマネコで、東松山市の埼玉県こども動物自然公園では、ロシアの動物園から贈られたオスの「レフ」とこの動物園で生まれたメスの「シャル」との間に、ことし4月20日に5匹の赤ちゃんが生まれました。 今月13日から一般公開が始まり、16日も赤ちゃんどうしで体を寄せ合ってじゃれ合うかわいらしい姿が見られました。ただ一緒にいる母親の警戒心が強いため、16日は20分ほどで巣箱に隠れて見えなくなってしまいました。 訪れた60代の女性は「母親のシャルが生まれたときも見に来ました。いまは母親となり、子どもを育てている姿を見て感慨深いです。子育ては大変だと思いますが立派に育ってほしいです」と話していました。 飼育員の松本直子さんは「感染症などに気をつけながら順調に大きくなっていくのを見守っていきたいです」と話していました。 動物園では来園者の投票で、来月、赤ちゃんの名前を決めることにしています。

  • Google+
  • Line
  • Email