高校講座 物理 電磁気5.2 点電荷まわりの電位

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
224 views
Posted:8月13日

点電荷 (point charge) は電荷を持つ粒子の理想化されたモデルである。点電荷は次元を持たない数学的な点における電荷である。 静電気学の基本方程式はクーロンの法則である。これは二つの点電荷間の電気力を記述する。古典的点電荷と関連する電場は、点電荷からの距離がゼロに近づくにつれ無限に近づき、点電荷のエネルギー(質量)を無限大にする。量子電磁力学において、リチャード・ファインマンらによって開発された繰り込みの数学的手法は点電荷の無限の発散を除去する。 アーンショーの定理は、電荷の静電気学相互作用だけでは点電荷の集合は平衡配位において維持することができないことを述べている。

Category: 趣味・教育
Tags: 大学受験

  • Google+
  • Line
  • Email