「にゃんこスター」アンゴラ村長、今後もお笑いと会社員二刀流宣言

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
1279 views
Posted:13日前

 1日に放送された「コント日本一」を決めるTBS系「キングオブコント2017」で準優勝を果たしたお笑いコンビ「にゃんこスター」が9日、日本テレビ系「PON!」(月~金曜・前10時25分)に生出演し「リズム縄跳び」ネタを披露した。  スーパー3助(34)は、ネタにアドリブを入れて披露。「このネタやり過ぎていて、もう飽きて来ちゃいました」と苦笑い。  本名や芸歴などプロフィールが紹介された。MCのビビる大木(43)はスーパー3助の「一釣(いちづり)良太」という本名と「芸歴15年」という長さに驚き、「変にキャリアがあるからうるさい」とチクリ。3助は「全国で40人位しかいない名字なんです」と明かした。  一方、ボケ担当のアンゴラ村長(23)は、今年、早稲田大学を卒業し、会社勤めをしながら、お笑いの活動をしている。「ネットを構築する会社で、営業のアシスタントしています。続けていきます」と今後も会社員との二刀流を宣言。3助は会社員の継続を「知らなかった」と言い、今後の活動に不安を感じていた。

  • Google+
  • Line
  • Email