開運なんでも鑑定団【孤高の彫刻家の不思議な作品に仰天鑑定】10月24日

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
2083 views
Posted:24日前

金融業を営んでいた祖父が借金のカタとして受け取ったのは江戸時代の異端の絵師による屏風。家が焼失した時、難を逃れたお宝、果たしてホンモノ? 【異端の絵師が描いたお宝】 お宝は、昭和初期に金融業を営んでいた祖父が、借金のカタとして受け取った屏風。幼い頃、一度だけ見せてもらった覚えはあるが、興味がなかったのですっかり忘れていた。以前、市内の大火事で依頼人の家が焼失したが、このお宝は、納屋にあったので難を逃れた。4年前、納屋を整理した際、調べてみたところ、有名な絵師の作品のようだ!果たして本物なのか!?

  • Google+
  • Line
  • Email