FNSドキュメンタリー大賞【森をつなぐ~林業を目指す20歳の挑戦~】171111

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
592 views
Posted:6日前

林業の担い手不足が課題となる中、未経験者を対象に「おおいた林業アカデミー」が開講した。大分の豊かな森を未来につなぐために挑戦を続ける20歳の青年に密着。 <FNSドキュメンタリー大賞>森をつなぐ~林業を目指す20歳の挑戦~<フジバラナイト SAT> 2016年4月、大分県に「おおいた林業アカデミー」が誕生した。林業の未経験者を対象にした長期研修制度で、初年度は10代から40代の10人の男性が入講。未経験者を対象にした制度とあって、メンバーはUターンで大分に戻った若者や元看護師、脱サラをした男性など個性豊か。その中の1人、山田洋一郎さん20歳が今回の主人公。高校を卒業後、県外の企業に就職していたがUターンをきっかけに大分で林業を志した。 チェーンソーを使った木の伐採に重機の操作。慣れない山仕事にとまどいながらも1年かけて林業のやりがいと厳しさを学んだ。 いまなぜ、こうしたアカデミーが誕生したのか。そこには、林業従事者の高齢化に伴う担い手不足や、戦後に造成された人工林が伐採の時期を迎えていることなど林業の課題が隠されている。 国土の3分の2が森林という国に暮らしながら、日々の生活の中では森の恵みや豊かな森を支える人たちの営みにまで、なかなか目が向かないわたしたち。番組では一人前の林業家を目指す山田さんの姿を通じて、世代を超えて森をつないでいくことの重要性や、そこに携わる人たちの思いなどについて少しでも思いをはせてもらおうと制作。

  • Google+
  • Line
  • Email