櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第8話

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
21632 views
Posted:2017年6月12日

番組概要 櫻子と正太郎は山で白骨遺体を発見する。それは正太郎の初恋相手の祖母のもので介護疲れによる投身自殺と見られた。しかし崖から見た景色に老婆の秘めた想いがー 番組詳細 九条櫻子(観月ありさ)は、入院中の叔父・設楽眞理(柴俊夫)を訪ね、20年前に担当した事件について聞きたいと言う。しかし、事故で仕事に関する記憶をなくしている設楽は、まったく覚えていないと答える。  そんな折、最近骨の勉強をしている志倉愛理(新川優愛)と館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)が櫻子を誘い、3人で山に骨拾いに行くことに。目的は小動物の骨だったが、あろうことか人間の白骨死体を発見してしまう。櫻子は、 それが高齢の女性のものだと指摘した。  同じ頃「蝶形骨」の事件から外された山路輝彦(高嶋政宏)と近藤卓也(細田善彦)は、鑑識の新井隆太(田中聡元)を抱き込み情報を入手し、独自に捜査を続ける。  別の日、博物館に正太郎の中学の同級生・鴻上百合子(小林涼子)がやってくる。驚く正太郎に百合子は、正太郎が祖母を見つけてくれたと言う。先日、櫻子と愛理と発見した白骨化した女性が百合子の祖母だったのだ。  その後、櫻子の邸宅にやってきた百合子は、祖母が投身自殺を図っていたと警察から言われたことを明かす。祖母は認知症の祖父を1人で介護していたが、弱音を吐かなかったため、百合子ら家族は祖母に任せっきりにしていた。自分のせいだと落ち込む百合子に、櫻子は、後悔など無意味で忘れるのが1番の解決策だと言い放つ。その言葉を聞いた正太郎は、そこに櫻子自身の願いが込められていると思い、櫻子の力になりたいと告げる。

  • Google+
  • Line
  • Email
Loading...