警視庁いきもの係 第9話

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
26159 views
Posted:2017年9月4日

番組概要 温泉旅行先でハリネズミ事件に遭遇。あちこちで起きるスズメバチ騒動が偶然でないと睨んだ須藤と薄は思わぬ展開に巻き込まれ…いきもの係最後の事件の幕が開く! 番組詳細 いきもの係で慰安旅行が催され、須藤(渡部篤郎)、薄(橋本環奈)、弘子(浅野温子)のほか、石松(三浦翔平)らも参加する。一行が山中にある温泉旅館に到着すると、なぜか四十万(横山だいすけ)がいた。聞くと「ギックリ腰で動けない町の駐在の応援」だという。四十万は、旅館の女将の娘・弓子(西畑澪花)が強盗被害に遭ったため、駆け付けていたのだ。  女将に案内され館内に入るや、薄は事務所にいた ヨツユビハリネズミに釘付けになる。弓子のペットだが、弓子はケガで入院中なので、世話ができずに困っていると女将は訴えた。早速、ヨツユビハリネズミの世話を始めた薄は、その手と腹に小さな傷があることに気づく。女将は理由が思い当たらないと言うため、薄は須藤、四十万と弓子に会いに行く。何者かに頭部を殴られ負傷した弓子は、頭に包帯を巻いた姿でベッドに横たわっていた。 弓子は、ヨツユビハリネズミが自分にあまり懐いていないこと、生餌は旅館の従業員のアサクラ(林和義)が与えていることを話した。  旅館に戻った薄はアサクラに、生餌は何を与えているのか、アサクラ自身は甘いものが好きかなどと聞く。さらに、栗原(檜尾健太)というハリネズミ友達がいるが、栗原の妻・亜希子(高橋美津子)はハリネズミを嫌っていることも分かった。

  • Google+
  • Line
  • Email
Loading...