北海道 : 流氷の世界、オオワシ 知床半島

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
548 views
Posted:3月13日

2018年03月13日  国の天然記念物のオオワシとオジロワシの群れが、流氷に覆われた世界自然遺産・知床半島の羅臼町沖上空を舞っている。  翼を広げると2メートル以上になる勇壮な姿を目当てに観光クルーズ船が訪れ、飛び上がると乗客から歓声が上がる。  羅臼町と北方領土・国後島に挟まれた根室海峡ではこの時期、流氷と2種類のワシを撮影する写真愛好家が詰めかけるが、ここ数年は写真を撮らないツアー客も増加。クルーズ船の予約をとるのも難しい状況だ。クルーズ船の長谷川正人船長(56)は「タンチョウやシマフクロウとセットで日本を訪れる欧米、アジアの観光客が年々増えている」と話す。  流氷が遠のく3月中旬までクルーズは行われる予定だ。

  • Google+
  • Line
  • Email
Loading...