東急池上線 高架下活用の商業施設で魅力アップへ

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
616 views
Posted:3月13日

2018年3月13日  東京・品川区の五反田駅から大田区の蒲田駅を結ぶ東急池上線で、新たな取り組みです。東急線の中ではやや知名度の低い路線を盛り上げようと、池上線の電車が走る高架橋の下にユニークな商業施設がオープンしました。  東急池上線五反田駅へと続く高架下に新たな施設「池上線五反田高架下」ができました。230メートルにわたる高架下に、飲食店を中心とした5店舗が新たにオープンし、既存の8店舗と合わせて13店舗からなる、新たなにぎわいの空間が生まれました。  中でも注目の店は、自転車通勤者が増えているという周辺の立地を生かしたサイクルショップです。しかし、販売されているのは自転車だけではなく、洋服や雑貨、野菜まで売られています。自転車レーンが整備された山手通りに面する立地ということで、自転車に乗る人を意識した店づくりになっていて、ゆったりとくつろげるカフェスペースも作られました。さらに自転車の修理スペースの奥にはコインランドリーも設置されました。  地元の主婦や駅に自転車で向かう共働き世代を取り込もうと、普段の暮らしに便利な店をそろえました。  また、高架下ということで会社帰りの集客を狙ったぜいたくなグルメも味わえます。霜降り肉のように軟らかく脂肪が程よく口の中でとろける食感が特徴だという、東京生まれのブランド豚肉「東京X」のステーキは、お肉のうま味と香りが詰まっています。  グルメに加えて、新業態の自転車店などこれまでの高架下のイメージに捉われない施設を手掛けた担当者は「施設名称に池上線という名前を入れて『池上線五反田高架下』という名称にしたので、池上線沿線のお客さまにとっても注目してもらえる、興味を持ってもらえる施設になってほしい」(東急電鉄・都市創造本部の嶝俊輔さん)と話しています。  気軽にアクセスできるおしゃれな空間に生まれ変わった高架下の誕生で、池上線のイメージアップにつながるのか注目です。

  • Google+
  • Line
  • Email
Loading...