100分de名著 法華経 第1回「全てのいのちは平等である」新番組

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
1525 views
Posted:4月3日

法華経には、権威主義化した一部「部派仏教」と差別的側面を残す「大乗仏教」の対立を止揚し乗り越えようという新しい平等思想がこめられている。その思想の神髄に迫る。 法華経が編さんされた当時は出家修行者が自らの悟りを目指す一部の「部派仏教」と広く民衆を救済しようという「大乗仏教」が厳しく対立していた時代。法華経にはそうした対立を止揚し乗り越えようという新しい思想がこめられている。一部の部派仏教が決して成仏できないとした在家信者や女性も、大乗仏教が決して悟りを得ることができないと断じた出家修行者も全て平等に仏になれるという平等思想を打ち出した法華経の神髄とは? 【講師】仏教思想研究家…植木雅俊, 【司会】伊集院光,島津有理子, 【朗読】余貴美子, 【語り】三宅民夫, 【声】仲井陽

  • Google+
  • Line
  • Email
Loading...