ワオキツネザルの赤ちゃんが人気、静岡・伊東市

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
516 views
Posted:4月17日

 ワオキツネザルの赤ちゃんが人気です。  静岡県伊東市の伊豆シャボテン動物公園では、3月中旬から4月上旬にかけてワオキツネザルの赤ちゃんが3匹生まれました。ワオキツネザルはマダガスカル南部に分布するキツネザル科のサルで、黒と白の輪が交互に重なる尾の模様からワオ(輪尾)キツネザルと呼ばれています。ワオキツネザルは園内の島で、赤ちゃんを含めて20匹飼育されていて、ボートで近づいた観光客は、お母さんの背中や胸にしがみついている赤ちゃんを見つけては親に餌を与えたり、愛くるしい姿をカメラに収めたりして楽しんでいました。  3匹の赤ちゃんのうち2匹は双子で体長20センチ、体重は100グラム。もう1匹は体重150グラムだということです。マダガスカルでは生息数が減り準絶滅危惧種に指定されていますが、園ではさらにこの後、3匹が誕生する予定で、赤ちゃんたちの可愛い姿は5月いっぱいまで楽しめるということです。

  • Google+
  • Line
  • Email
Loading...