連続テレビ小説「なつぞら」 ヒロインの兄役は岡田将生さん

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
3575 views
Posted:2018年4月26日

4月26日 18時05分 来年放送される通算100作目となるNHKの連続テレビ小説「なつぞら」の新たな出演者が26日に発表され、ヒロインの兄を演じる岡田将生さんらが抱負を語りました。 「なつぞら」は、戦争で両親を失い北海道・十勝地方の酪農家のもとで育ったヒロインの「なつ」が、当時、「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界を目指す物語で、ヒロインを広瀬すずさんが演じます。 26日、東京・渋谷のNHK放送センターで新たな出演者14人が発表され、このうち、ヒロインの兄の役を岡田将生さんが演じることになりました。 連続テレビ小説に初めて出演する岡田さんは、会見で、「朝ドラは1つの目標としていたお仕事で、今回やらせていただくことをうれしく思います。きょうだいの絆をしっかりと演じられればいいなと思います」と話していました。 また、ヒロインを引き取って育てる酪農家一家の祖父の役を草刈正雄さん、母の役を松嶋菜々子さん、父の役を藤木直人さんがそれぞれ演じることになりました。 草刈さんは「何度もご一緒した方も、新しい方もいて、非常に楽しみにしています。北海道の大きな大地で思いっ切り楽しみたいと思います」と抱負を述べていました。 「なつぞら」は通算100作目の連続テレビ小説で、来年4月から半年間、放送される予定です。

  • Google+
  • Line
  • Email
Loading...