大賑わい温泉街の釣り堀 ギョギョ何が釣れるの

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
508 views
Posted:5月10日

客を呼び込む起爆剤となるのだろうか。歴史ある温泉街に釣り堀がオープンして、早くも大にぎわいだ。水槽の中にいるのは、温泉街で独自に養殖している意外な生き物だった。 子どもも大人も続々と獲物をゲット。先月、オープンしたばかりで、早くも大人気のあるものが釣れる釣り堀。場所は1400年以上もの歴史ある温泉で有名な福島市の土湯温泉だ。そんな温泉街で釣り堀はひときわにぎわう新名所となっている。ここはエビ専門の釣り堀なのだ。水槽の中には約300匹のエビが。針に付ける餌(えさ)はシラスだ。制限時間は45分。最大3匹まで釣ることができるという。釣り上げたエビは塩焼きにして、その場で食べることができるのだ。それにしても、なぜ温泉街でエビなのか。実は意外な訳がある。温泉による地熱発電設備から排出される水の一部を再利用して、エビを養殖しているというのだ。東日本大震災などによって大打撃を受けた観光業。回復してきた客足にエビの釣り堀で弾みを付けたい考えだ。

Category: 旅行
Tags: 温泉街の釣り堀

  • Google+
  • Line
  • Email
Loading...