空飛ぶ車も スイスでモーターショー

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
497 views
Posted:6月9日

3月7日 5時21分 スイスで、世界有数のモーターショーが報道関係者に公開され、電気自動車への移行が進む一方、走行性能を売りにしたスポーツカーや、空を飛ぶ車なども大きな注目を集めています。 スイスのジュネーブで6日、公開されたモーターショーには、世界各国からおよそ180のメーカーが出展し、いわゆるEVシフトが進む中、日産自動車がレーシングカーのモデルを披露するなど、各社から新たな電気自動車が相次いで発表されました。 その一方で、電気自動車以外の車も注目を集めていて、トヨタ自動車は、エンジンを搭載し、ドイツのBMWと協力して開発を進めるスポーツカーを発表しました。展示されたのは来年前半に発売する車のコンセプトモデルで、トヨタの七原弘晃常務は「車の電動化は進むが、モータースポーツは特にエンジンのサウンドが大きな要素になっていて、エンジンに対する需要は十分ある」と話しています。 また、オランダのベンチャー企業が発表した空飛ぶ車は、折り畳んで車の屋根に載せた大きな羽根を広げるとヘリコプターのような形になり、エンジンの力でおよそ500キロの距離を飛べるということです。価格は日本円でおよそ4000万円で、世界各国から注文が来ており、来年から順次、納車する予定だということです。 ジュネーブモーターショーは8日から一般に公開されます。

  • Google+
  • Line
  • Email
Loading...