優勝から一夜明け 大坂なおみ選手が心境語る

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
2595 views
Posted:2018年9月10日

2018年9月10日 6時00分 テニスの四大大会、全米オープンの女子シングルスで優勝した大坂なおみ選手が、優勝から一夜明けた9日、NHKのインタビューに応じ、「今もまだ信じられない。うれしい気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです」と優勝の心境を改めて語りました。 20歳の大坂選手は、8日に行われた全米オープンの決勝でアメリカのセリーナ・ウィリアムズ選手を破って、四大大会のシングルスで日本選手として初めての優勝を果たしました。 大坂選手は、優勝から一夜明けた9日、ニューヨークでNHKのインタビューに応じました。 大坂選手は、この中で「今もまだ信じられない。うれしい気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。試合をとても楽しんだことが優勝できた理由だと思う」と優勝の心境を改めて語りました。 そして、決勝で子どもの頃から憧れだったというウィリアムズ選手を破ったことについて「寂しさとうれしさが入り交じった気持ちだった。彼女とは、ことし3月に一度対戦したが、四大大会でこそ最高のプレーをすると思っていたので、決勝で対戦できたのがとても誇らしかった」と振り返りました。 そのうえで、優勝の時に見せた涙について「ここまでこの瞬間に向けて努力してきたので涙が出た。セリーナを相手に四大大会で戦えてすごく特別な思いだった」と話していました。

Category: スポーツ
Tags: 大坂なおみ

  • Google+
  • Line
  • Email
Loading...