野球U18解団式 進路に注目の吉田投手「ゆっくり決めたい」

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
1060 views
Posted:2018年9月11日

2018年9月11日 11時36分 野球の18歳以下のアジア選手権に出場していた日本代表は11日朝、宮崎市で解団式を行い、金足農業の吉田輝星投手は進路について、「いろんな人の意見を聞いてゆっくり決めたい」として、今月30日から行われる国体を終えてから決断する考えを示しました。 18歳以下の日本代表は、10日まで宮崎市で行われたアジア選手権で3位となり、11日朝、滞在していた宮崎市内の宿泊施設で解団式が行われました。 このうち、夏の全国高校野球で準優勝し、進学かプロを希望するか、今後の進路が注目されている金足農業の吉田投手は取材に応じ、「両親や監督などいろんな人の意見を聞かないといけないのでゆっくり決めたい。自分の実力を客観的に見て決めることが大事かなと思うが、今は国体に集中してやっていきたい」と話し、今月30日からの福井国体を終えてから決断する考えを示しました。 また、日本代表でプロを目指すチームメートたちと一緒にプレーしたことは刺激になったかと問われ、「プロを目指す選手は練習の量と質が違った。自分もそういうことができるようにしっかり練習していきたい」と答えていました。 そして、今後の夢について「甲子園に出て、感動ありがとうという声をもらったので、応援してくれる皆さんに勇気を与えられるような選手になりたい」と話していました。

  • Google+
  • Line
  • Email
Loading...