「宇宙の日」 成田空港で宇宙飛行士が参加して催し

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
229 views
Posted:9月12日

2018年9月12日 13時12分 12日が「宇宙の日」となっているのに合わせて、成田空港では宇宙飛行士の大西卓哉さんも参加して、宇宙への興味を深めてもらおうという催しが開かれました。 9月12日は、26年前に毛利衛さんが日本人として初めてスペースシャトルで宇宙に飛び立ったことを記念して「宇宙の日」とされています。 12日、成田空港で開かれた催しには元航空機のパイロットで宇宙飛行士の大西卓哉さんが参加しました。 国際宇宙ステーションにおよそ4か月間滞在した大西さんは「日本で開発された宇宙食は宇宙空間というストレスの多い場所では心強い味方でした。ぜひ、宇宙に親しんでください」とあいさつしました。 12日から今月20日までは、NASA=アメリカ航空宇宙局の拠点があるヒューストン行きの全日空便でカルシウムの多いカレーや長期保存の効くようかんなど実際の宇宙食が提供されることになっています。 乗客の30代の女性は「偶然、この日に乗ることになり楽しみにしていました。航空機に乗れば宇宙にも少しだけ近づくので宇宙食を満喫したい」と話していました。

Category: 乗り物
Tags: 宇宙の日

  • Google+
  • Line
  • Email
Loading...