震災で消えた「奇跡のラッコ」か 宮城県沖で激撮!

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
1093 views
Posted:2018年9月30日

9 26(水)  震災を機に姿を消したが、また帰ってきたのか。「奇跡のラッコ」と呼ぶ人もいる。他人の空似とは思えない特徴があるそうだ。  宮城県女川町の沖合に広がる定置網。そこには、いるはずのない動物の姿が…。ラッコだ。ムシャムシャ餌(えさ)を食べていたかと思えば、ドボン。その姿は悠々自適そのものだったという。専門家によると、ラッコが寒流に乗って餌の豊富な三陸沿岸にたどり着いたのではないかという。ただ、ラッコが目撃されたのは初めてではない。周辺では10年前にもラッコが目撃されていたのだ。ところが、東日本大震災以降にぱたりと姿を消してしまったという。果たして10年ぶりに戻ってきたのか。さらに…。  仙台うみの杜水族館・神宮潤一さん:「新しくやってきたばかりのラッコであれば野生動物かなり警戒心がありますので、これほど落ち着いているはずはないなと思いました」  同じラッコの可能性が高いという。とはいっても、今回、目撃されたラッコのほうが白っぽく見えるが…。  仙台うみの杜水族館・神宮潤一さん:「年齢が進むと、特に頭部の毛の白さが増してきます。当然、10年は少なくとも経っているわけですから。その時よりも白みが強くなっている」  地元では早くも観光の目玉として期待の声が上がっている。

Category: 動物
Tags: 奇跡のラッコ

  • Google+
  • Line
  • Email
Loading...