あと数年で乗り物と友達になる時代が来る

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
417 views
Posted:10月11日

2018年10月11日 移動の手段でもあり、人間のパートナーにもなるという知能ロボットを千葉県の大学が作った。どんなロボットなのだろうか。 移動手段であり、パートナーにもなる、乗れる知能ロボットカングーロ。千葉工業大学のfuRo(フューロ)が開発した。 人と馬のような関係性がコンセプトでバイクのようにご主人を乗せたり、一緒についてきて荷物を持ってくれたり目的に合わせて変形する。 スマホやタブレットで呼べば、迎えにも来てくれる。自動運転の技術が詰め込まれていて自動ブレーキはもちろん、周りの空間を読み取って瞬時に地図を作成することもできる。データを蓄積して、どんどん道を覚えていくという。 実用化が進めば、高齢者の買い物を補助したり、同様の技術を使って、乗る人を迎えに行く車いすなど、色々な場面での活躍が期待されている。 千葉工業大学・fuRo大和秀彰主席研究員「ロボットを単純な機械的なものという見方もありますが、一方でパートナーであり、乗り物でもある新しい関係を見出したいと、全くゼロから考えて出来上がったプロトタイプ」 今後、人と乗り物の関係は大きく変わっていきそうだ。

  • Google+
  • Line
  • Email
Loading...