カンブリア宮殿【究極のしっとり感「治一郎」のバウムクーヘン】7月11日

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
3572 views
Posted:7日前

究極のしっとり感が味わえるバウムクーヘンで手土産スイーツの名店と呼ばれる人気洋菓子店「治一郎」。永続企業を目指す、ヤタローのサバイバル術を徹底解剖する 究極のしっとり感が味わえるバウムクーヘンで、手土産スイーツの名店と呼ばれる人気洋菓子店「治一郎」。実は、この「治一郎」は、ただの洋菓子チェーンではない。母体となるヤタローグループは「パン製造」から「レストラン」、さらに「給食事業」や「宿泊施設」まで食を軸に様々な事業を展開する多角化企業なのだ。なぜ、ヤタローは「治一郎のバウムクーヘン」という大ヒットブランドを持ちながら、多角化経営を 進めてきたのか?その理由こそ、代表の中村が目指す300年企業への挑戦にあるという。常に新しいビジネスに挑戦し、永続企業を目指す、ヤタローのサバイバル術を徹底解剖する!

  • Google+
  • Line
  • Email
Loading...