乳がん細胞の中にがんを抑制する遺伝子を発見(徳島大学)

Press F5 or Reload Page if movie won't play. 2分たっても再生されない場合はF5を押すか、ページをリロードしてくだい。
234 views
Posted:7月13日

きょう日本乳癌学会で発表 ・革命  増殖させない新薬開発!    乳がんの画期的治療法を発見か  現在の乳がん治療   ・抗がん剤治療   ・放射線治療   ・外科手術   乳がんこれまでの治療法は?   ホルモン依存症乳癌(7割占める)   ・女性ホルモンがん細胞=増殖…女性ホルモンが原因    女性ホルモンを抑制する治療  ・革命   乳がん細胞の中にがんを抑制する遺伝子を発見(徳島大学)   しかし抑制する遺伝子は機能停止させられていた。   がん抑制遺伝子を開放する新薬「ERAP」を開発    これによってがん抑制遺伝子が目覚めた事によってがん細胞が増えない。 がん抑制遺伝子を開放する新薬「ERAP」を開発   いくら女性ホルモンとくっ付こうががん細胞が増えない。   増えないので新陳代謝で減っていく。   ★現在ホルモン依存症乳癌のみですが副作用がない 新薬マウス「ERAP」で実証済 3~5年後に実用化予定 乳がん治療が変わる 研究結果を発表した片桐豊雅教授によりますと、 「ERAPを使えば  副作用がなく乳がん細胞の  増殖が止められる  乳房の全摘出せずに  済むケースが増えることが  期待できる」  新薬が実現できれば…  治療時間が短くなり   体の負担が軽減  3~5年後に実用化目指す   

  • Google+
  • Line
  • Email